Blues Harmonica Microphone JAPAN

日本人なら日本製ヴィンテージマイクでアンプリファイド!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

#013 ZODIAC DM-002 ダイナミックマイクロフォン







ZODIAC製 DM-002 ダイナミック

ボディは透明のプラスチック製で内部が透けて見えるスケルトンマイク。軽くて大きさも手ごろなので非常に持ちやすい。

マイクエレメントは秋葉原で購入した小型スピーカーをマイクエレメントして使用している。

ボリュームとフォンジャックを装備。

音量が少し小さいのでトランスを増設する必要ありか。

非常に珍しいスケルトンマイクである。しかし、マイクが透明である必要があるのか…
名付けて「ソルトシェーカー」、果たしてハーモニカマイクとして使えるのだろうか?

追加
「ボリュームについて」
このマイクについているボリュームは「B504」という抵抗値ものです。Bカーブの500000Ω=500KΩになります。アップの写真を追加しました。しかし、この抵抗値が適正かどうかは分かっていません。実は最初にボリュームを付けた時、結線の仕方が分からずにボリュームが全く機能しなかったのです。それを抵抗値が低いせいだと思い込み段々と抵抗値の大きいものにしていったのですがダメでした。結局は結線の仕方が間違っていたことに気付いたのでした。とりあえず手持ちのボリュームで抵抗の大きい物から使っているのですが、もっと小さい抵抗値でもボリュームとして機能するのかも知れません。あとボリュームにはAカーブとBカーブという異なった可変カーブの性質がありAカーブよりBカーブの方がゆるやかなカーブだということです。しかし、これもどちらのカーブがハーモニカマイクに向いているのか分かりません。抵抗値とカーブについては今後も試行錯誤してみます。
とりあえず今取り付けてある「B504」は問題なく使用できます。
秋葉原で結線の仕方を教えてもらいましたが、はっきり言って間違いです。何軒かのパーツ屋で聞きましたが同じ事しか教えてくれません。あんまりしつこく聞くと、「俺の専門は売るほうだから分かんないよ!」と怒られます。お気をつけください!

スポンサーサイト
  1. 2007/09/02(日) 22:29:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<更新はしなくてもマイクは日々増えていきます… | ホーム | #006 AIWA DM-14 ダイナミックマイク (完成)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zodiacfilm.blog12.fc2.com/tb.php/41-d30f395f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mousaku

Author:mousaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (45)
日本製マイク (19)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。