Blues Harmonica Microphone JAPAN

日本人なら日本製ヴィンテージマイクでアンプリファイド!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カスタムマイク制作レポート② 胴長マイク

12640800724b5854c8a8b83.jpg


今回は昨日予告した胴長のマイクのカスタムレポートです。

このマイクの改造は結構気合いが入っています。

改造箇所は大きく四箇所です。

①胴体を短くする。
②ボリュームスイッチを増設する。
③フォンジャックを増設する。
④フロントグリル内側に金網を装着する。



胴体を短くする

元は一番目の写真のようにダックスフントみたいなので、胴体を切断して短くしました。

自分で言うのもナンですが、結構カッコいいと思います。

ボール型マイク同様、少し寸足らずなデザインがいいですね。

昔、売ってたプラモデル「タマゴ飛行機シリーズ」とか「チョロQ」みたいな感じでカワイイです。

12640800754b5854cb10067.jpg



ボリュームスイッチを増設する

元はケーブルがあった部分にいい感じでボリュームを増設しました。

なんかここに付けてくれと言わんばかりのデザインですよねー。

でも実際はボリュームポッドが上手く収まるようにルーターで内部をかなり削りました。

12640800824b5854d2548cf.jpg



フォンジャックを増設する

本体下部にフォンジャックを増設しましたが、ドリルで穴を開ける時にセンターがずれてしまいました。

まぁ、このへんはご愛嬌と言うことで(笑)。

マイク本体下部に飛び出している部分をヤスリで2mmほど削り落としてあります。

そのままだとフォンジャックが本体から飛び出さないので、ボルトで固定することが出来ないからです。

フォンジャックはノーマルでなく、ロングタイプを使っています。

12640800794b5854cfd800e.jpg



フロントグリル内側に金網を装着する

目の細かい金網をフロントグリルの形に合わせて加工し、内側にはめてあります。

エレメントと金網の間にはスポンジが入っています。

よくマイクにスポンジがかぶせてありますが、それを内側に入れた感じです。

風音や息の吹く音(ポップノイズ)をスポンジが吸収してくれます。

12640800774b5854cd6f21e.jpg



完成

こんな感じになりました!

12640800844b5854d4b55c3.jpg


今回の作業は以上です。

時間はかかりましたが、いい感じのマイクが出来ました!

それではまた来週!




スポンサーサイト

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

  1. 2009/09/21(月) 03:03:57|
  2. 日本製マイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カスタムマイク制作レポート③ 秘密基地用マイク | ホーム | カスタムマイク制作レポート① ボール型マイク>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zodiacfilm.blog12.fc2.com/tb.php/6-034ba0a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mousaku

Author:mousaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (45)
日本製マイク (19)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。