Blues Harmonica Microphone JAPAN

日本人なら日本製ヴィンテージマイクでアンプリファイド!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カスタムマイク制作レポート① ボール型マイク

12640801004b5854e436327.jpg
12640800974b5854e1d2cc5.jpg
12640800954b5854df5c41d.jpg
12640800934b5854dd07a56.jpg
12640800914b5854db1df2b.jpg
12640800884b5854d8b0c93.jpg


前回紹介したマイクが少しづつ完成に近づいて来たので、途中経過をレポートします。

まずは今回のマイクの中で一番のお気に入り、ボール型マイクのレポートです。

このマイクはふたつのマイクを合体させています。

球体のマイクを作ろうと思ったきっかけはネットでBlueの「Snowball」というマイクを見かけたからです。
※上から三番目の写真の白い球体のマイク

見た瞬間に「これ、ハーモニカ用にしたらカッコええやろなぁ…」ていうか新しいブルースハープ用のマイクが発売されたんだと思ったくらいです。

フロントの「Blue」のロゴがカッコいい!

なんと言っても「Blues ブルース」の「Blue」ですからね。

http://www.bluemic.jp/products/CE/Snowball/index.html
「Snowball」のメーカー「Blue」のHPアドレスです。

しかし、調べてみると大きさがハーモニカ用としてはちょっと大きいようでした。(直径10cmくらい)

残念…、しかしこの「Snowball」今回のマイク制作に大きなヒントを与えてくれました。

さて、本題に戻りましょう。

今回は内部の配線と、フロントグリルに目の細かい金網を取り付けました。

このマイクには元からクリスタルエレメントがついています。

最近、オークションで日本製のクリスタルマイクの出品が減っています。

クリスタルエレメントを安価で手に入れる方法はないのだろうか…。

さて配線の説明は今回は省略します。

フロントグリルの金網ですが、たまたま近くにあった金網屋さんに無理を言って分けてもらったものです。

これくらい目が細かい金網は東急ハンズでも売っていません。(東急ハンズに売ってないものを他で探すと結構大変なんです…)

その金網屋さんは工事関係者しか来ないような所なので、マイクに使うと言っても全く???な状態でした。

その時に、同じ目の細かさで金色と銀色の金網を無理行って30cmずつ切り売りしてもらいました。

今まで作ったマイクのフロントグリルはここまで半球体ではなかったので、上手く形になるか心配でしたが、写真で見ても分かるとおり思ったよりも上手く半球になりました。

その金網とクリスタルエレメントの間にスポンジを半球体にカットして入れてあります。

今回の作業はここまで。

後は表面の処理をして塗装するだけです。

次回、カスタムマイク制作レポート?は「胴長のマイクを切断して胴を短くしたら意外とカッコいいマイクになってしまいました!」の巻です。

ご期待下さい!

スポンサーサイト

テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

  1. 2009/09/20(日) 04:18:26|
  2. 日本製マイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カスタムマイク制作レポート② 胴長マイク | ホーム | コレクション大放出!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://zodiacfilm.blog12.fc2.com/tb.php/7-31c6d3ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

mousaku

Author:mousaku
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (45)
日本製マイク (19)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。